スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百蔵山(山百8/100座目)

02 15, 2010
ふもとから見る百蔵山
麓から見上げる百蔵山。なかなか堂々とした山容です。

まだ登山歴の浅い僕は、積雪期は1000m前後の低山に登ります。
今回は大月市にある百蔵山に登ってきました。低山だし、登山道も南面ということでターゲットにしました。山頂から望む富士山は大月市秀麗富嶽十二景にも選定されているそう。そして、桃太郎伝説の舞台の山でもあります。
朝寝坊してしまったため、当初予定していた扇山との縦走は諦め、百蔵山のみに登ることにしました。夫婦共々深く反省
生憎の曇り空の下、午前11時ちょっと前に駐車場に到着。市営グラウンドの駐車場なのでここから登山口まで少し歩きます。途中しっかりしたトイレ有り。

駐車場
市営グラウンド駐車場

トイレ
登山口前の公営トイレ

登山口からいきなりの雪道でした。頭上の木々についている雪が溶けて雨の用にポツポツと降ってきます。

登山口
登山口

登山道1
雪の世界へいざ突入!

緩やかな傾斜の道を1時間ほど登ると「百倉山山頂」の道標が。もうすぐ山頂かなと思いきやこのあと急に傾斜がキツくなります。地面がぬかるんでいるため何度か滑って転びそうになりました。ロープがなかったら危なかったかも。
この急登を超えると、間もなく扇山との分岐点に出ます。ここまで来れば山頂まであと少し。

山頂直前2
扇山との分岐点

分岐点からは平らな尾根道が続く。5分くらいで山頂に到着。
結局、登山口から1時間半で登れました。

山頂
山頂は広く公園のよう

山頂からの景観
曇りのため、富士山の景観は見えず。残念!

秀麗富嶽12景看板
晴れていればこの景色が見えるらしい。それにしても、看板に傷をつける人の気が知れない。

ホっと一息
ホッと一息

帰りは大同山経由で下山することにします。
行きよりも地面が雪深い感じでした。雪山ハイキングを満喫

雪山ハイキング

木々2

木々1

下山道

緩やかな坂をひたすら下るとやがて貯水タンクが見えてきて、登山道終点となります。


■登った感想
富士山が見えなかったことがとにかく残念だった。
秀麗富嶽十二景ということで期待していたのに・・・。
いつか扇山に登る際にまた寄ってみます・・・。

DATA

離れたところから見る百蔵山

山名:百蔵山(ももくらさん)
山系:大菩薩・道志山系
標高:1003.4m
所在地:大月市
歩行時間:3時間(市営グラウンド駐車場→登山口→山頂→大同山→登山口2)
難易度:★☆☆☆☆
最寄駅:JR中央本線 猿橋駅(えきねっと http://jreast.eki-net.com)
スポンサーサイト
プロフィール

網野俊輔

Author:網野俊輔

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。