スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兜山(山百10/100座目)

03 27, 2010
暖かかったり寒かったり、出掛ける服装に困る陽気が続きますね。
体調管理にも気をつけたいところです。
そんな中、僕は今日も山に遊びに行ってきましたよ
しかも、今回は独りで。奥さんは年度変わりの人事移動で忙しいのです。

僕の実家にもわりと近い、春日居町の「兜山」が今回のターゲット。
下から見ると本当にきれいな兜型をしているでしょ?
昔の人は見た目で山の名前を決めていたんですねー。

春日井駅から見た兜山

フルーツラインから春日居ゴルフクラブの進入路に入り、
案内板にしたがって山道を登ると、しばらくして登山口駐車場に到着。
意外にも先客が結構いて、危うく車を停めれないところでした。(何とかトイレ脇のスペースに滑り込みんだ)
913mの低山といえど、週末は県外から人が山に遊びに来ますね。

駐車場

登山道は大きく分けて、夕狩沢方面の岩場コースと、逆方面の岩堂峠経由のコースの二つがあり、
僕はもちろん岩場コースを選択。
この道は新道らしく、よく整備された登山道がその後の岩場まで続きます。

岩場コース

30分ほどで岩場エリアに到着。
思った以上に大きな岩がたくさんあって以前登った太刀岡山を彷彿とさせました。
あのロッククライミングは見ものだったなあ。
岩場コースとはいえ登山道自体は整備された斜面で、一応鎖はありましたが、
注意すれば鎖を使わなくても登れるレベルでした。(もちろんお勧めはしません)

iwaba2.jpg iwaba3.jpg


途中、展望の良いポイントがあります。
そこから見た景色↓
前方に雲があり、生憎富士山は拝めませんでした。残念。でも自然相手だからしょうがない。
(でも、何も富士山のところだけかからなくても・・・)

岩場からの展望

岩場を越えるとあとは歩きやすい林道で、30分くらいで兜山三角点ピークに到着。
時計を見ると12:08。ここまでたったの1時間でした。
記念写真、近くの展望台をチェック。
展望台と言えど、眺めはその前の岩場のほうが断然良かったですね。
あと、標柱に打ち付けてあった「ぼちぼち登ろう会」が気に入った(笑)

記念写真

ぼちぼち登らん会

展望台からの景観

じつは兜山の最高点はこの先の岩場にあり、帰りはそこを経由して下山しました。
下山道は大半が車道で沢沿いを歩く形になりますが、川のせせらぎが耳に心地よく、緑がすごくきれいでした。
新緑の季節も近いですね。最高の季節です。

車道

沢

緑

駐車場に着いたのは13:30くらい。
歩行時間的にちょっと物足りない山行でしたが、兜山なかなか良い山でした。
ちなみに帰りは、春日居駅前の無料足湯に寄って帰りました。

スポンサーサイト

竜ヶ岳(山百9/100座目)

03 25, 2010
桜の開花宣言も発表され、いよいよ春本番といったところですね!
山登りをするにも良い季節になってきました。
これからはちょっとペースを上げてガンガン山登りしていきたいと思いますので、どうぞよろしく!

さて、今回登ったのは本栖湖の南側にある竜ヶ岳という山。
ダイヤモンド富士が見られることで有名な山ですね。
大晦日には大勢のカメラマンでごったがえします。
ダイヤモンド富士はいつか見てみたいと思いますが、今回はとりあえず普通に富士山を眺めに行ってきました。

午前10時頃、本栖湖湖畔の登山口より入山。
メンバーは僕を含めて4人。
入山時は前日の雨の影響かあたり一面もやがかかっていて、景色はまったく見えず・・・。
う~ん、富士山は厳しいかも?
ややテンション↓

登山道入り口

moya.jpg

途中何度か休憩を挟みつつ、目の前の竜ヶ岳山頂を目指します。
景色にはもやがかかっていたものの天気はよく晴れていたので、歩いているとどんどん汗ばんできます。
これも暖かくなった証拠ですね。気持ちが良いです。

登山道より竜ヶ岳

3ショット

東屋に到着。視界は相変わらずです。
でも、振り返るともうすぐそこに竜ヶ岳山頂が。
とってもかわいい形の山ですね。

東屋

東屋より竜ヶ岳

ここからは見晴らしの良い笹に囲まれた登山道が続きます。
当日は結構風邪が強かったのですが、この笹が上手く風を遮ってくれたのでかなり助かりました。
このもやさえなければきっと・・・と思っていたら、なんと富士山が少しずつ見え始めているではありませんか!
急激にテンション↑
隣に雨ヶ岳も見えます。

笹に囲まれた展望の良い登山道

雨ヶ岳

そして、まもなく山頂に到着。
時計を見ると11:30 結局1時間半で登れちゃいました。
山頂は広く、テーブルや椅子もあってちょっとした公園のよう。

竜ヶ岳山頂

昼食は持参したおにぎりとカップラーメンをおいしくいただきました。
ただ、風が強い!
お湯を沸かすための火をつけるのも一苦労でした。

知佳と礼美

micchi.jpg

kusamura.jpg

山頂にて

下山時は午前中のもやが嘘のように視界が晴れ渡り、富士山をドドンと目の前に望むことが出来ました。
やっぱり何度見ても綺麗ですね、富士山は。
オーラが違う、オーラが。

富士山

富士山2

以上、竜ヶ岳のリポートはこんな感じです。
山行中、年配者や小さなお子さんにも会いましたが、誰でも楽しく安全に登れる山でした。
そして、なんといっても富士山の眺望が抜群!
たぶん、夢に出ます(笑)
プロフィール

網野俊輔

Author:網野俊輔

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。